広報のこと

JAあおばの活動などを、随時発信していきます

農業について

お米のこと 早期栽培米 ミネラル栽培 てんたかく

早期栽培米の田植えが行われました

 早期ミネラル栽培米の田植えが4月17日(水)に行われました。

 この日、田んぼに植えられたのは平成16年に登場した富山県米「てんたかく」。

 早期栽培は「早場米」とも呼ばれることもあり、通常の田植え時期が5月中旬となる中、早期栽培では4月中旬に田植えを開始します。作付開始時期を早めることで、普段の水稲よりも約2か月ほど早い収穫を可能とします。

 また、この早期栽培米はミネラル栽培と呼ばれる栽培方法でも作られており、水に富山県の海洋深層水、そして肥料にミネラル肥料を使われることが特徴です。
 ミネラル栽培米は、ふっくらとした炊き上がりかつ冷めてもおいしいお米へと育ちます。炊き立てを楽しむだけでなく、おにぎりやお弁当にもおすすめしたいお米です。

 今回田植えされた早期ミネラル栽培米「てんたかく」は、毎年9月開催の八尾町伝統行事『おわら風の盆』での出荷を予定しています。
 『おわら風の盆』会場での販売のほか、営農経済センターでも数量限定で発売されます。お買い求めはお早めに。




農業について

JAあおば お米のこと 育苗作業 第1号

お米の春作業が進行中です


 JAあおばのカントリーエレベーターで平成31年…改め令和元年産水稲の育苗作業が進行中です!各地区のカントリーエレベーターでは全自動播種機を用いた機械作業で播種を行っています。
 播種には主に3つの重要な要素が存在します。

① 床土
 水稲の根っこをしっかりと定着させる上で欠かせない土が床土です。
 栄養価と通気性に優れた軽い土が好まれ、まずはこれを育苗箱の底へ敷き詰めます。




② 播種
 専用の播種プラントを用いて、床土の上から種もみを均一になるように蒔きます。




③ 覆土
 種もみの上から土を被せることを覆土といいます。種が発芽しやすいように適切な厚さを均一に被せています。





 こうして育苗箱での播種と水やりを終えた水稲種子たちは、種子が発芽するまで育苗器(発芽に適した環境を用意した部屋や施設)で約3日間保管されます。発芽した苗は育苗ハウスへと搬入され、次は1枚目の葉を大事にまっすぐ育てるための緑化期へと移っていきます。(次回へ続く)


農業について

(株)グリーンパワーあおば GPあおば 大山地区 大山事業所 開所式

(株)グリーンパワーあおば『大山事業所』開所式が執り行われる

 (株)グリーンパワーあおば 大山事業所が平成31年3月1日(金)より始動しました。同日には開所式が執り行われ、役職員42人が参加しました。

 (株)グリーンパワーあおばは、旧鵜坂農業協同組合の子会社「(株)グリーンパワーうさか」を前身とするJA出資型農業法人です。同法人では、平成30年3月1日より組織再編を行い、大山地区での事業展開に向けた準備を進めてきました。この度新生「大山事業所」として本格始動します。

 開所式では、(株)グリーンパワーあおば藤井儀隆代表取締役が「大山事業所の設立にあたり、地域戦略と事業戦略の2点を重視し取り組んできた。昨年秋からは新たに玉ねぎの試験栽培も開始し、今後も第2弾として事業の拡大などを検討している。地域の振興、活性化に向けて邁進していきたい」と挨拶。
 その後、JAあおば・(株)グリーンパワーあおばの役職員によるテープカット式と営農支援課職員による決意表明が行われました。

 (株)グリーンパワーあおば大山事業所では農地保全を主な取り組みとし、今後は農作業受委託及び農機貸出を行っていきます。耕作面積は22haで(平成31年度3月現在)、栽培作物は水稲・大麦・園芸作物・えごまなどに取り組みます。  





農業について

JAあおば 農業のこと 生産推進大会

次年度に向けた園芸おすすめ作物を一挙紹介

 JAあおばは園芸生産推進大会を1月30日(水)に八尾コミュニティーセンターで開催。富山農林振興センターと合同で、参加者約140名に向けて次年度の園芸作物についての紹介と推進を行いました。

 来賓の富山農林振興センター中井正樹担い手支援課長より「富山は水田と切り離せない県です。その中でどのように経営を安定させていくかという点において、園芸作物という可能性へ目を向けてほしい。今回のご提案を通じて園芸作物に興味が湧いた方は、ぜひともご連絡いただきたい」と挨拶。
 講習会では同センター担当者より、それぞれ担当作物を解説し、取り組みを呼び掛けました。
 ・『水田転換畑での野菜栽培のすすめ』
   紹介品目:にんじん、白ねぎ、たまねぎ、えごま、ごま、しょうがなど
   各種品目の取り組み概要・栽培暦の紹介
   にんじん・白ねぎ出荷組合の活動実績・経営収支の紹介
   └ 上記2品目は機械作業が確立しており、作業時間が従来より短縮されている
 
 ・『花き品目の紹介と導入のポイント』
   紹介品目:シャクヤク、盆組花系統(小菊、アスター、ケイトウなど)
   栽培暦の紹介と病害虫防除についての紹介と、切り花出荷に関する諸注意

 ・『果樹の推進品目について』
   └「路地果樹栽培事例と水稲育苗ハウスを活用したポット果樹の紹介」
   紹介品目:もも、いちじく、かき、ポット果樹(ぶどう、小粒いちじく)
   栽培事例・経営収支の紹介と導入経緯の解説

 また、JAあおばからは、中小かぶ『もものすけ』の作付経緯と栽培暦の紹介、富山カンカン野菜をはじめとしたおすすめ野菜品目の紹介を行いました。




農業について

JAあおばジンジャーガールズ&ボーイズ しょうが

しょうが反省会 平成最後を振り返る

 JAあおばジンジャーガールズ&ボーイズの一年を締めくくるしょうが反省会が12月20日(木)に開催されました。
 富山農林振興センター担い手支援課の林主任から、平成30年産栽培の振り返りと、次年度に向けた課題について反省会を実施しました。今年は異常気象とも呼べるほどの酷暑と、8月下旬~9月上旬の記録的豪雨により、不作の一年に。
 特に、7月中旬~8月上旬の猛暑で圃場全体が乾燥し生育が著しく停滞したため、次年度は今年度の酷暑を踏まえた乾燥対策を重点的に取り組む方針です。
 浅地忠彦組合長は「しょうが栽培を通じて、生産者の皆さんの健康増進に一役買いつつ、所得へつながることが一番の喜び。しょうがの健康パワーをもっと会員皆さんで分かち合えたら」と話します。

 反省会後には、富山県薬用植物指導センターの大江 勇上席専門員からの講演が行われ、「JAあおばが取り組むしょうがの効能、その他の薬用作物について」をテーマに、薬用作物の定義やその役割、国内での流通など、薬用作物全体の講義としょうがの効能について話しました。